imagical pleajous

世界のディズニーリゾートと風間俊介さんが大好きすぎて、2018年にJGC修行を決行。お気に入りのコスメや美味しいものについても語ります。イエベ春、骨格ウェーブ(プロ診断)です。

【香りの話】セーラー戦士のオフィシャルフレグランスが控えめに言って最高です

2020/05/05に発売予定だったKinKi Kidsの新曲『KANZAI BOYA』の発売日が延期になったことが発表され、しょんぼりとした気持ちで迎えた今日の昼休み…。

5/5に発売されることに大きな意味があるわけなので、これにはかなり動揺していますが、予定通りに発売するためにたくさんの人が仕事に従事しなければならないことを考えると…。でも、でも、悔しいものは悔しいんじゃい!

そんな大きなショックを受けての昼休み中、私の心を明るく照らすニュースが一つ、舞い込んできました。キャラクターフレグランスの専門ブランド「primaniacs」より、『美少女戦士セーラームーン』のフレグランスの発売が決定した、というお知らせです!

「primaniacs」とは

フレグランスアイテム好きだし、ジャニーズに限らず自分が子供の頃に好きだったものを末永く愛するタイプのヲタクとして令和の時代を生きているのですが、複数の作品をテーマしたキャラクターフレグランスを販売しているブランドがあることは、今回のお知らせで初めて知りました。

オンラインだけではなく実店舗もあり、その本拠地が銀座というのに驚きを隠せません…。あまり通らない場所ではあるけど、一度も通ったことがない場所ではないので、通りかかったことぐらいはあるはず…。

サイトのトップページに飛ぶと、リリースのお知らせが新しい順にこれまでに発売された作品のラインナップが見られるのですが、フルバにREBORNにマンキンにデスノに犬夜叉にウテナに幽白に…と、私が小中高時代にお世話になった世代の作品たちが想像以上にいっぱい!もちろん、鬼滅や進撃やおそ松さんや黒バスやプリズムの方のキンプリなど、最近の作品も沢山あります。

詳しく調べてみたところ、株式会社まさめやという企業が運営するブランドの一つで、キャラクターコラボのブレンドティーを取り扱うティーサロンや、キャラクター専門のギャラリーなども含んで事業を行っているそうです。興味がありすぎて、思わず求人情報のページまで見に行ってしまいました。

オリジナル香水も流行っていますが

自分の好みに応じて香りを構成する素材を選んで、オリジナル香水が作れるお店も増えている今日。そういったお店を上手く活用して、自分がイメージする「推し」の香りを作って楽しむ方法もヲタク界隈の間ではメジャーになっています。

私がオランダ館で一緒になった方々も「推し香水作り」を楽しまれている様子でした。このように自分の頭の中に描いた推しの姿から連想する香りを作った場合、どうしてもネックになるのが「その香りを納める容器のパッケージデザイン」です。

ある特定のキャラクターを連想する香水を作ろう!と思った場合、版権元の許可を持たない企業がそのイラストやロゴなどを使用して商品を販売してしまうと、どうしたってアウトです。個人で楽しむ範疇として、購入後に自作のイラストを添えたりすることはできますが、版権元公認のデザインが施されたものだけを手元に置きたい主義の人間にとっては、公式がキャラクターフレグランスを出してくれるのがベストなわけです。

過去のセラムンオフィシャル香水を思い返してみる

とはいえ、セーラームーンというとてつもない大きなジャンルにおいて、これまで一度も公式からフレグランスアイテムが出たことないのかというと、そういうわけではありません。

ミラクルロマンス オードトワレ

私の記憶が確かならば、リバイバルをきっかけに様々な大人向け商品が販売され始めてから、最初に発売されたフレグランスアイテムがこちら。

変身アイテムや攻撃アイテムをモチーフにしたコスメを販売する「ミラクルロマンス」のラインから出たオードトワレです。香水好きとして気にはなったものの、ムーン推しではない私にとってはボトルのデザインも含めて、あまりピンと来なかったためオーダーせず。現在は販売が終了していますが、これが最初に出たタイミングか少し後に、水色のボトルのものも出ていたような気がします。

ミラクルロマンス ムーンスティックパフューム

同じくミラクルロマンスから、現在予約受付中なのがムーンスティックをデザインしたボトルに入ったフレグランス。2020年6月に発売予定なので、今回紹介するprimaniacsのフレグランスと販売時期が重なりそうですね。

商品説明のページをじっくり読んでみてもパフュームとしか記載がないのですが、30mlのパフュームで税込4,620円って本当にパフュームですか?と思ってしまいます。この価格設定にあまりピンと来ない方は「香水 分類」などでGoogle先生に聞いてみていただければと思います。セラムンブランドでこの量でこの値段なことから、オーデコロンかオードトワレあたりだと思うんですけど…。

レインボームーンカリス ルームフレグランス

今回紹介している中で、唯一我が家に存在しているのがレインボームーンカリスのルームフレグランス。ムーン推しではないけどムーンカリスは大好きアイテムなので、ついつい集めてしまうのです。

このルームフレグランスが発売になったのと同時期に、ちびうさとペガサスを結ぶ重要なアイテムだった、スタリオンレーヴをモチーフにしたルームフレグランスも登場していました。さすがに2つもルームフレグランスは…と思って、ムーンカリスだけにしてしまいましたが。

そういえば、この日帰り弾丸USJも最大のお目当てはムーンカリスのドリンクボトルでしたっけね。伊勢丹×アナスイのコラボによるジュエリーボックスなどもあるので、私の部屋には相当な数の「伝説の聖杯」が存在していることに…。

ポイントは「セーラー戦士」をイメージした香り

さて、これまでにもフレグランスアイテムが登場していたことはあるのに、なぜ今回の発表にここまで興奮して記事を書くまでに至っているのでしょうか。それは「セーラー戦士たち」を個々に連想させるフレグランスとして発売されるからです!

f:id:imagical:20200414130837j:plain

いや、こういう時って内部の5戦士+ちびムーンまで、みたいなことが多いと思うんですけど、外部戦士含めた10戦士+スターライツまで入れてくるところから、いきなりすごい。ということで、DEMETERの時のように勝手にラインナップ紹介します。

(プロモしてたわけじゃないのを勝手に拾って、世間ウケしそうな内容で私がツイートしたのが拡散されたことでかなりの販促になったはずなんだけど、あちらからDMが来て…みたいな楽しいことは起きていないなぁ)

 今でも時々、RTやfavの通知が飛んできます。過去にいくつか風間俊介×ディズニーの親和性に関するツイートをバズらせているけど、未だにこのディメーターの爆発っぷりを超えられないのが悲しい…。

10戦士の香りを勝手に紹介します

f:id:imagical:20200414130834j:plain
f:id:imagical:20200414130821j:plain

セーラームーン

【月明かりが導く運命 時を超え輝くムーンプリンセスノート】

等身大の少女の天真爛漫な表情が瞳に浮かぶような、みずみずしいフルーティー。
やがてローズやライラックがゆっくりと花開くと、オゾンフローラルの美しい光が全てを優しく包み込んでゆく。
幻の銀水晶の煌めきをまとうプリンセスに相応しい、永遠の想いを抱くためのフレグランス。

トップノート:アップル、シクラメン、リリー、レモン
ミドルノート:ミュゲ、ライラック、ローズ
ラストノート:ピーチ、ラズベリー、サンダルウッド、オゾンフローラル

ムーンの活発で明るい雰囲気をフルーティーノートで、また月のプリンセスとしての気品をフローラルノートで表現したのかな?と想像が膨らむ香り。オゾンフローラルがちょっとイメージしにくいのですが、言葉の響きから幻の銀水晶が開いた時の形状を何となく連想させるような気がします。

セーラーちびムーン

【小さなレディに贈る香り 愛くるしいピンクパウダリックノート】

幼くキュートなその雰囲気を想わせる、元気いっぱいに広がるピーチの香り。
コットンキャンディがふわふわと揺れ、クリーミーな甘さが広がってゆく。まだあどけないその眼差しに映り込むのは、果てしない未来。
思わずぎゅっと抱きしめたくなるような、可憐で純真なフレグランス。

トップノート:ピーチ、ペアー、マスカット、ソフトクリーム
ミドルノート:パイナップル、コットンキャンディ、プラムブロッサム
ラストノート:バニラ、アンバー、ムスク

甘~~~い!スキンタイプがスウィートな私とは確実に相性良くないと判定できたのがちびムーンの香り。トップのソフトクリーム、ミドルのプラムブロッサム=梅の花というのが珍しいですね。タキシード仮面様が圧倒的に薔薇の人だから、バラ科サクラ属の梅なのかな?と妄想。

f:id:imagical:20200414130832j:plain
f:id:imagical:20200414130829j:plain

セーラーマーキュリー

【それは清涼な水の流れ 才知に溢れるアクアフローラルノート】

潤いに満ちたウォータリーフローラルが感じさせる、穏やかで清潔感のある雰囲気。
スイレンが浮かんだ湖面が静かに揺れると、そこには冴え渡る知性と、確かな芯の強さが秘められている。
涼しげな空気感と柔和な優しさを併せ持つ、しなやかな気配をたたえたフレグランス。

トップノート:レモン、カシス、ナツメグ
ミドルノート:ウォーターリリー、ジャスミン、ウィステリア
ラストノート:シダーウッド、ムスク、アンバー

はい!マーキュリーはアクア系orシャボン系の香りになると思ってました。ミドルのウォーターリリー=睡蓮、ウィステリア=藤というチョイスに、水を司る戦士らしさと亜美ちゃんの知性が見えるような気がします。

セーラーマーズ

【雅に咲き誇る紅い花 燃え盛るファイアーフローラルノート】

魔を祓うかのように立ち昇ってゆくのは、凛とした力強さを持ったガルバナムの香り。
鮮やかな炎が巻き起こり、その向こうに撫子や桜の和の花々が舞い散ると、ウッディの心地よい温度が広がってゆく。
揺るぎない決意と迸る情熱の奥に、落ち着いたぬくもりを宿したフレグランス。

トップノート:ガルバナム、ガーデニア、カサブランカ、ローズ・ケンティフォリア
ミドルノート:サクラ、シャクヤク、ナデシコ、カモミール
ラストノート:アンバー、シダーウッド、サンダルウッド

 全戦士の香りをチェックする前に、最推しであるサターンの次の次に確認したのがマーズの香りでした。というのは「もし、あの素材が入ってたら分かってる人が作ってるなぁ」と思い当たるものがあったから。それは何かというと、トップノートのラインナップに含まれている「カサブランカ」です。これはね、セラムン原作好きな人なら「!!」ってなるんじゃないでしょうか。

 ガルバナムとかローズ・ケンティフォリアとか、初めて聞く名前もあって企画を担当された方の中にレイちゃん激推しの方がいらっしゃるのではないか、ということまで考察させられます。ミドルに使われている桜や撫子などの和を感じさせる素材も良きですね。

f:id:imagical:20200414130826j:plain
f:id:imagical:20200414130824j:plain

セーラージュピター

【色とりどりの薔薇の花園 心ときめくピュアリーローズノート】

甘酸っぱいカシスやグリーンアップルに、雷のようにピリリとしたスパイスが微かに響く。
伸びやかに育った色彩豊かなローズやゼラニウムが香り立つと、どこまでも純情な乙女心にきゅんと鼓動が高鳴る。
快活で晴れやかな空気感とともに、ロマンティックな憧れを秘めたフレグランス。

トップノート:カシス、グリーンアップル、ブラックペッパー
ミドルノート:ナツメグ、オレンジピール、ローズ、ローズマリー、パウンドケーキ、ゼラニウム
ラストノート:アンバー、ドライフルーツ

サターンの次にチェックしたのが他でもなくジュピターでした。何故なら「絶対に薔薇の香りであってほしい!」という願望があったから。期待通りのピュアリーローズノートにガッツポーズをしたのは言うまでもありません。

またトップ、ミドル、ラストのそれぞれに、まこちゃんの料理やお菓子作りが得意という個性を彷彿とさせる香りが含まれているのにもときめきますね。ナツメグにオレンジピールにローズマリー、料理上手ならではの素材のチョイスですね。

セーラーヴィーナス

【絢爛に煌めく愛の光 生き生きとしたビューティーフルーティーノート】

キラキラと輝くベルガモットと華々しいフローラルが作り出す、パワフルな空気感。
ジューシーなフルーツに混じるジャスミンが気高さを醸し出すが、その向こうには胸躍らせるような屈託のない笑顔が覗いている。
美しくも軽快な陽気さを持った、誰もの心を燦々と照らし出すフレグランス。

トップノート:レモン、ベルガモット
ミドルノート:ジャスミン、ローズ、ミュゲ、ネロリ
ラストノート:ムスク、ピーチ、ラズベリー、アンバー

トップのレモン、ミドルのミュゲ、ラストのピーチ、ラズベリーとセーラームーンと重なる香りが複数存在しているヴィーナスのフレグランス。これは彼女が月のプリンセスの影武者であるということから、あえてセーラームーンと同じものが選ばれているものだと推測します。それらの素材と重なり合うのが、ベルガモットやジャスミン、ムスクやアンバーといった、あどけないプリンセスを護る愛の包容力を感じさせるものというのも、また素晴らしい…。

f:id:imagical:20200414130807j:plain
f:id:imagical:20200414130818j:plain

セーラーウラヌス

【その剣が生み出す疾風を浴びて 爽快になびくウィンドハーバルノート】

涼やかに流れるハーブやオゾンの香りが、見る者全てを虜にしてゆく。
空気を切り裂く刃が起こした強い風と調和する、撫でるようなジャスミンやムスク。そこに浮かび上がる姿は勇敢であり、甘美でもある。
決して一つのものに囚われることはない、抗いがたい魅力を放つフレグランス。

トップノート:レモン、ベルガモット、バジル、ユーカリ、オゾンノート
ミドルノート:ジャスミン、ラベンダー、レモンマートル
ラストノート:ムスク、アンバー、サンダルウッド

ウラヌスのイメージとしては風や雷光が連想できますが、それらを香りで表現するとなると難しいところ。そこを表現したのはトップのオゾンノートとユーカリでしょうか。透明感と奥行きの両方を感じられそうな雰囲気です。ミドルに使われているレモンマートル、初めて聞いたのですが「レモンよりもレモン」と言われるほど強い柑橘系の香りを放つ葉を持つ植物なんだそうです。リボンのカラー、またアニメ版で乗っているスポーツカーの色からも、爽やかなレモンを感じる香りが選ばれたのには納得がいきます。

セーラーネプチューン

【その鏡が映し出す海の深さ 麗しく波打つエレガントマリンノート】

清らかなペパーミントの透明感が感じさせる、高貴で品格ある佇まい。
海風に攫われ舞う芍薬やゼラニウムの花びらが、鏡のように澄んだ水面に落ちる。そこに覗くものは、柔らかな微笑みと、未知なる命運。
決して一つのものに囚われることはない、抗いがたい魅力を放つフレグランス。

トップノート:ライム、ペパーミント、ドライアップル
ミドルノート:ラベンダー、ゼラニウム、ミュゲ、ネロリ、シャクヤク、マリン
ラストノート:パチュリ、アンバー、ムスク

ネプチューンの技名などから絶対的にマリン系の香りを含むだろうという想像に一致する部分と、みちるさんが持つ上品ながらも芯の強い部分が垣間見えて、最も香りの想像ができないのがこちらでした。ラベンダーやゼラニウムやかなり個性が強いと思うのですが、そこに核となりそうなマリンが重なっているというのが不思議な感じ。

ラストのアンバーとムスクは他にも被っている戦士がいるのと定番の締め方なので除いたとしても、ミドルのラベンダーがウラヌスと被っているのは、まぁそういうことですよね。

f:id:imagical:20200414130814j:plain
f:id:imagical:20200414130810j:plain

セーラープルート

【時空の果てで輝く宝石 静かに佇むミッドナイトムスキーノート】

カモミールが重なったシトラスのしなやかな甘さが、軽やかに香り立つ。
低く囁く声のようなウッディの落ち着きが姿を現す。包容力の中に微かに滲む憂いが想わせるのは、遠くを見つめる孤独な番人の横顔。
控えめながらも艶やかな色香を漂わせ、ひそやかに時代を見守るフレグランス。

トップノート:ベルガモット、ペアー、カモミール
ミドルノート:ネロリ、ミュゲ、ローズ、ジャスミン、サンダルウッド
ラストノート:ムスク、シダーウッド、アンバー

あああ~!これはもう絶対に「いい女の匂い」がするやつだ~!プルートの秘めた恋や、ちびうさとの関係性を思い出させるような優しくて温もりのある大人の女性像。戦士としての姿より、せつなさんの姿の雰囲気に合うような気がするな。

トップノートに含まれているペアーは比較的爽やかな甘さの果実だと思っているので、これは共通の香りがトップに含まれているフレッシュなちびムーンとの関係性を描いているんじゃなかろうか。

セーラーサターン

【破滅と誕生の輪廻を巡って 終焉へと誘うサイレンスフローラルノート】

音もない暗い夜、闇に浮かぶように桜が儚く散ってゆく。
イリスの花が清廉な甘みをもたらし、サンダルウッドが翳りを落とすと、神秘的なベールの奥のどこまでも続く沈黙が解き放たれる。
永く深い夢から目を覚ました、そのミステリアスな瞳に吸い込まれてゆきそうなフレグランス。

トップノート:カシス、サクラ、マンダリン
ミドルノート:シャクヤク、リリー、アイリス、ローズ、ジャスミン
ラストノート:アンバー、サンダルウッド、ムスク

さて、最後に私の最押しであるサターンです。トップからミドルにかけての桜、芍薬、ジャスミン、菖蒲、百合といった清らかさを感じるフローラルの香りと、ミストレス9としてセーラー戦士たちを阻む存在の陰も感じさせるような、ラストにおいてのアンバー、サンダルウッド、ムスクという並びに、その見た目からは想像できない大人っぽさを感じられそうな気配。

詳しい説明を読む前から、サターンは絶対に買うからね!と決心していたのですが、ほとんどが元から得意な素材なので多分大丈夫。アンバーだけ少し相性が不安ですが、外での使用が憚られそうであればお家で楽しむつもりなので良し。

思わず原作を読み返したくなる香り

マーズ、ジュピター、ヴィーナスについては、香りを並べていく中で「これってこういうことでは??」と感じる部分があって、個人的な印象の部分がついつい長くなってしまったのですが、これは原作をあらためて読み直してみることで気が付く部分がまだあるような気がします。入ってなかったのが意外だったのは、亜美ちゃんのシャボンとちびうさのスミレ*1ぐらいでしょうか。

今週末は部屋の片付けをもう一段階進めるつもりでいましたが、これはセラムン特装版を読み漁ってしまいそうで恐ろしいw あ、ちなみにスターライツについては原作でも読み飛ばしがち、スターズあんまり好きくない芸人で彼らのことをあまり知らないので割愛させていただきました…。

セラムン公式サイトによる情報では、5/28(木)から銀座店の店頭で香りのお試しが開始となるようなので、6/26(金)の発売を前にまずはお店で全ての香りを試してみて、今回抱いた印象との相違点をレポートできたらいいなと思います。

 

*1:菫の砂糖漬けはトラウマ案件だから?