imagical pleajous

世界のディズニーリゾートと風間俊介さんが大好きすぎて、2018年にJGC修行を決行。お気に入りのコスメや美味しいものについても語ります。イエベ春、骨格ウェーブ(プロ診断)です。

世界中のディズニーでの思い出が詰まった、とっておきのドレス

GWにフロリダのウォルト・ディズニー・ワールド(以下:WDW)に行っていたお友達に、The Dress Shopで念願の一着を買ってきていただきました!

f:id:imagical:20190523122209j:plain

そんなWDW旅行記も更新中なお友達のブログはこちら。

four-seasons.hatenadiary.com

The Dress Shopとは

アメリカ*1にある2つのディズニーリゾート、WDWとカリフォルニアのディズニーランドリゾート(以下:DLR)で展開している、アパレルグッズを取り扱うショップ並びにシリーズの名称です。

DLRではダウンタウン・ディズニー内に、WDWではディズニー・スプリングス内に品揃えの多いメインのショップがあり、パーク内のアパレルショップに製品が並ぶこともあります。

youtu.be

ディズニーの映画やパークに関連するデザインのドレスが最初に発表されたのは2017年。思えば最後にアメリカのパークに行った年には、まだ展開が始まっていませんでした。

そしてまだ3年も経ってないですが、商品の入れ替わりも多くて、初期から現在まで販売が続いているデザインはごくわずかです。

記念すべき初めての一着

現地で試着してみるまで買わない、というマイルールを作っていたはずだったのですが、今回のデザインに関しては機会を逃して手に入れられなかったら絶対に一生の後悔になる…と思ったので、お友達のご厚意に甘えさせていただきました。

そうまでして手に入れたかった理由は以下の3点から。

  • ミッキーマウスレビューの写真が使われている
  • 世界中のパークとディズニークルーズにまつわるデザインが詰め込まれている
  • 骨格ウェーブの自分に合いそうなデザインである

一番最初に挙げた理由がそれかい!って感じですけど、やっぱりレビュー要素があるというのが何より大事です。結局これがあったらナチュラル向けだろうとストレート向けだろうと買ってるんだと思いますw 自担との最強の共通点!

www.imagical.net

サイズについては気にしていた割にあまりちゃんと調べず、とりあえずXSが入らなければ着られる体を目指せばいいよね~、ということで最も小さいものにした次第。

一般的なアメリカのアパレルと比べると、やや小さめに作られてる場合が多いと聞いていましたが、背中をジッパーで上げるタイプのデザインながらもあまりのピッタリっぷりに感動です!

みんな違ってみんな良い

ディズニーがきっかけで繋がってくれている方が多いTwitterとインスタにも試着時の画像をアップしてみたところ、何人かの方が「私もお揃いだよ~」とコメントして下さいました♪

このデザインの良いところの一つが、スカート部分に使われている布地に様々な世界中のディズニーリゾートで使われた写真やイラストが散りばめられていることだと思うのですが、それによって同じデザインながらも柄の出方の違いを楽しめるのも魅力だなと考えています。

www.shopdisney.com

次にDCLに乗るときには絶対に持っていきたい服の1枚である、このドレス。

日頃の生活における出番は滅多に来ないかと思いますが、次にパークに遊びに行く予定ができた時には*2これを着て過ごすことで新しい思い出をつくることができたらいいなと思っています!

*1:Dヲタは「本国」とか呼びます

*2:水に濡れたり地蔵確定だったりしなければ