imagical pleajous

世界のディズニーリゾートと風間俊介さんが大好きすぎて、2018年にJGC修行を決行。お気に入りのコスメや美味しいものについても語ります。イエベ春、骨格ウェーブ(プロ診断)です。

全盛期を思い起こさせるイベントでマジョマジョ熱が再燃した

2019年8月22日から24日までの3日間、横浜・みなとみらい地区にあるS/PARKで開催されていた、マジョリカマジョルカの体感型イベント「WELCOME TO MAJOLIPIA」

www.shiseido.co.jp

最終日の土曜日に参加してきたんですが、見事にマジョマジョ熱が再燃!!!

ブランドデビュー当初、中学生だったのでコスメはなかなか買えませんでしたが、新作が出るたびに発行されるリーフレットを集めるのがひそかな楽しみだった当初。

ここ数年は方向性が迷走してるなぁ…と感じる部分があって、ブランドから離れていました。

2019年8月のアイシャドウ新色発売に伴う新ビジュアルは期待できる感じだったので、行ける範囲で開催される参加型イベントなら…ということで足を運んだ次第です。

イベントでできること

今回の「WELCOME TO MAJOLIPIA」では、今年から始まったブランドのファンクラブ「MAJOLIPIA(以下:マジョリピア)」の会員を主なターゲットとして、以下のような体験が用意されていました。

f:id:imagical:20190825215717j:plain

  • アイシャドウ「シャドーカスタマイズ」の新色タッチアップ
  • プロモーション映像撮影時に実際に使われた特製ドレッサー前での記念撮影
  • S/PARKの会場内を活用したAR体験
  • ヘアメイクアップアーティストによるメイク講座*1
  • オリジナルドリンクのプレゼント*2

4番目のヘアメイクアップアーティストによるメイク講座、応募したものの落選してしまったのですが、幸いにもアーティストさんの手が空いていたため、セルフタッチアップのコーナーでアドバイスをいただけることに…涙

これについては長くなるので、詳しい体験内容については別の記事で書きたいと思います。

受付から気分がアガる、パスポートへの押印

公式ファンクラブ「マジョリピア」に参加登録をしてから、ワタシプラスのサイトを経由して初めてマジョマジョのアイテムを購入すると、商品と一緒に送られてくるのがこちらのパスポート。

https://pbs.twimg.com/media/EClJnMRWwAEqGbp.jpg:small

購入した商品のジャンルによって、絵柄の異なるステッカーも送られてくるので、コレクターの心をくすぐりまくる仕様!

マジョリカマジョルカの世界を旅するためのパスポートというコンセプトと、それを実際に手に取って愛でられること、とっても素晴らしい…。

マジョリピア会員が今回のイベントに参加すると、このパスポートにイベント特製の入国スタンプを押してもらえるということで、さっそく持参。というか、押してもらいたいがためにアイシャドウの新色を実物を試さずに購入しましたw

特製ドレッサーコックピットでの記念撮影

新イメージキャラクターに浜辺美波さんを起用した、プロモーション映像にも登場する、ドレッサーコックピット。


「自分だけの大きな瞳へ」篇 36秒 | マジョリカ マジョルカ | 資生堂

会場ではこの撮影で実際に使われたドレッサーで、来場者が素敵な体験をすることができるようになっておりまして…。

f:id:imagical:20190825215642j:plain

公式サイトから「MAKEUP COMPASS」という、瞳の形やまぶたの明るさからオススメのアイテムを診断できるコンテンツを体験し、結果の画面を提示すると「MAJOLIPIA 入国チケット」という搭乗券を模したチケットが貰えるのですが、このチケットをドレッサーにかざすと…。

f:id:imagical:20190825215721j:plain

www.shiseido.co.jp

結果によって搭乗券に記載される「行き先」が違うので、体験する人によって異なる「空の旅」を体験できます。

f:id:imagical:20190825215725j:plain

せっかくなので、この日のスタッフさんたちも装着していたゴーグルを着けて、撮影をしてもらいました。シャッターチャンスになってから慌てて装着したので、右袖めくれてますけどw

マジョリカマジョルカの世界をARで体験

続いては専用端末でのAR体験コーナーに。

専用端末で撮影した映像や動画は、後からAirDropなどで自分の端末に保存ができます。

f:id:imagical:20190825215654j:plain

会場内でカメラを頭上に向けると、新ビジュアルでのキーになっている飛行船から、沢山のシャドーカスタマイズたちが!

f:id:imagical:20190825215647p:plain

この中からキラキラと光っている3つの新色を探し出した後に、自由にカメラを使った撮影体験ができるという内容でした。

ブランドが生まれて10周年を迎えた際の展覧会でも、当時はまだ画期的だったプロジェクションマッピングを用いたコンテンツを展示していた、マジョリカマジョルカ。

新しい技術を使って、ユーザーがブランドの世界観をよりリアルに体験できるこの感じ、私が好きだった頃のマジョマジョが帰ってきてるじゃん?!と非常にテンションが上がりました。

S/PARK Cafeでの特製ドリンクプレゼント

S/PARKの1階に位置するカフェ、S/PARK Cafeでマジョリピアの会員ページを提示すると頂けるのが、こちらのオリジナルドリンク。

f:id:imagical:20190825215658j:plain

2つのカップに入ったシロップを順番に加えることで、色や味の変化を楽しめるというものでした。

f:id:imagical:20190825215702j:plain

何も加えない状態がこちら。無色透明なクラッシュゼリーのようなものが入っていました。ちょっとだけ飲んでみたけど、ほとんど無味だったような…笑

f:id:imagical:20190825215705j:plain

次に、透明なカップに入ったシロップを加えた状態がこちら。薄っすらとですが紫色に色付いているのが伝わるでしょうか?

ほんのり甘い、儚い感じの色と味に変化しました。

f:id:imagical:20190825215714j:plain

仕上げは黒いカップに入ったシロップを加えて。

これまでの印象から一転、シトラス系の酸味を感じるさっぱりとしたドリンクに変身!

プラカップに貼ってあったステッカーが綺麗に剥がれてくれたので、マジョリピアのパスポートに張り付けてお持ち帰りしたヲタクです。

想定外だった嬉しい展開

セルフタッチアップのコーナーに向かったところ、色々と紹介してくれたイベントスタッフさん*3とブランドトークに花が咲きましてw

メイク講座も応募してたんですけど外れちゃったので…と漏らしていたところ、どうやら当選者の方々の当日キャンセルなどでアーティストさんたちの手が空いてしまう時間が発生してしまっているとのこと。

もしお時間があれば…とのことだったので、お言葉に甘えてアーティストさんがフリーになるタイミングまで待たせていただき、メイクのアドバイスを受けられることに!

こちらについては最後に書いていただいたアドバイスシートも含めて、後日詳しくレポさせて下さい。*4

イベント会場のS/PARKについて

2019年の4月に「美の複合体験施設」としてオープンした、資生堂の都市型オープンラボ。

spark.shiseido.co.jp

マジョマジョのイベントは1階部分で開催されましたが、それ以外にもフィットネススタジオやランステーションとしての役割を果たす設備があったり、予約制の「パーソナライズ スキンケアサービス」で自分の肌質や好みに合わせた化粧品と乳液を作ることができたりと、幅広い楽しみ方ができそうな施設です。

spark.shiseido.co.jp

今回は後ろに予定があったこともあって、イベントスペースしか見ることができなかったので、またあらためて足を運んで、ゆっくりと見学してみたいと感じる施設でした。

マジョマジョ熱が再燃したので

今回のイベントを経て、消えかけていたマジョマジョへの情熱が再び燃え盛ってしまったので、過去に体験したイベントやキャンペーンについても、旧ブログやFacebookから拾って、リライトしてみようかな…などと考えています。

台湾旅行記とか、書きたいことが山盛りすぎてどんなペースになるかは未定ですが、今後はそんな内容も入ってくるかなと思いますので、お付き合いいただけましたら幸いです。

非売品のコレクションを振り返るだけでも結構な数になりそうなので、マジョマジョの世界が好きだったという方は楽しみにしていてください!期待に応えます!

*1:マジョリピア会員限定、要事前応募

*2:マジョリピア会員限定

*3:来場者が少なかったので、お一人お一人が丁寧に解説や案内をして下さる手厚さでした

*4:まだ画像の準備ができていない…