imagical pleajous

世界のディズニーリゾートと風間俊介さんが大好きすぎて、2018年にJGC修行を決行。お気に入りのコスメや美味しいものについても語ります。イエベ春、骨格ウェーブ(プロ診断)です。

【銀座】食べ応えのある手打ち麺に魅了された「ヤンヤン」の麻婆麺

「汁なし担担麺ピリリ」のソイミート担担麺により、辛い麺を食べたい欲が刺激された翌日、仕事帰りのまつパ終わりに新しいお店を開拓してみることにしました。

「銀座 ヤンヤン」外観

まつパのサロンが歌舞伎座の裏あたりだったので、まだ行ったことのない「支那麺 はしご」の担々麺と迷ったのですが、はしごは他にも店舗があるので有楽町方面へ戻る途中のこちらに。

お店の情報

銀座駅、東銀座駅から共に1~2分ほどの距離にある、2階建てのお店。1階は入口と階段、麺を打つ様子を見られる厨房の窓?しかないので、客席は2階のみ。少し幅が狭くて急な階段を上がることになりますが、ドアを開けた時に鳴る音で来客を判断して、すぐに上の階から「いらっしゃいませ~」とお店の方の元気な挨拶が聞こえてくるので、初めてでも安心できました。

関連ランキング:中華料理 | 東銀座駅銀座駅銀座一丁目駅

2階に上がると、店内は4人掛けのテーブル席が中心でカウンター席は見当たらない様子。看板に『手打ちラーメン』と大々的に書いてありますが、3~4名程度のグループで飲みに来ている方が多く、1~2組ほど1人で来店しているお客さんがいるかなぁといった客層でした。金曜の夜だったので、飲み会で利用する方が多かったのかもしれません。

ご飯ものと麺類のメニュー

ホールを一人で回していた女性スタッフの方に、広々としたテーブル席へと案内されたので、なるべく端のほうに座りつつもメニューを吟味。色々な中華料理やドリンクなどが載った冊子もありましたが、それとは別にペラで置かれていたものに麺類とご飯ものが書かれていたので、この中からチョイスすることに。

「銀座 ヤンヤン」メニュー①
「銀座 ヤンヤン」メニュー②

冷やし麺や焼きそばも含めると、麺類だけでもとんでもない種類なのがお分かりいただけるでしょうか?前日が汁なし担々麺だったので、汁ありにしてみようかなとも思ったのですが、『(辛)』の記載に惹かれたので最下段の「麻婆豆腐麺」に決めました!

オーダーしたもの

お酒も飲みたいけど、ちょっとだけ我慢しておきたいタイミングだったので、あえてドリンクメニューは見ずに麺類のラインナップを眺めながら提供を待つこと暫し。予めレンゲが器に刺さった状態で、ヤンヤンの麻婆豆腐麺が着丼です!

「銀座 ヤンヤン」麻婆豆腐麺(辛)

丼の淵までギリギリな、溢れんばかりの麻婆豆腐に覆われて、この状態だと麺の様子がまるで伺えませんが、運ばれてきた丼のサイズからして、こいつは大物だ…と感じさせる存在感です。

「銀座 ヤンヤン」麻婆豆腐麺(辛)アップ

寄ってみました。とろみのある餡に挽肉と沢山の豆腐、小葱が散らされているのが分かりますが、やはり麺の姿は確認できません。先に麻婆豆腐の味を確かめたい気持ちが逸りますが、お店がこだわる手打ち麺を見てからにしたいという気持ちも強いわけで…。

「銀座 ヤンヤン」麻婆豆腐麺から麺を引き出した!

餡の重みがあるので、豆腐を避けながらどうにか麺を掴んでみると、ずっしりと重たい!太さがあるのとスープの濃度もありますが、麺そのものが非常に力強そうだということが箸に伝わる重量から伝わってきます。

麺の容姿を確認したところで、レンゲにのせて麻婆豆腐の部分を一口。う、うま~!!辛さも優しすぎないので、辛いもの食べたい気持ちにちゃんと応えてくれる感じです。

「銀座 ヤンヤン」麻婆豆腐麺

麺もモチモチで食べ応えがあって、すごく「ちゃんとした麺を食べてる」感が強くて、満足度がとても高いです。ただ、超絶に量が多いのと熱々なので食べ進めるのに時間がかかるw

ちなみに紙ナプキンでセルフエプロンしていたら、気が付いたお店の人が紙エプロンを持ってきてくれました!優しい!置いていることが分かったので、次はオーダーした時点で料理と一緒に持ってきてもらえるようにお願いしますねw

もう少しで食べ終わるな~というタイミングで、新規4名ほどの入店待ちが発生したので、ちょっと慌てて食べ進めて会計をお願いしたら、その様子がお店の方にも伝わったみたいで「ありがとうございます~」と。入店から退店まで、ほど良い距離感の気持ち良い接客だったのも気に入りました。

メニューの種類が豊富なので、次は複数名で中華飲みしながら麺も食べる、みたいな使い方で利用してみたいと思います!

食べログ グルメブログランキング