imagical pleajous

世界のディズニーリゾートと風間俊介さんが大好きすぎて、2018年にJGC修行を決行。お気に入りのコスメや美味しいものについても語ります。イエベ春、骨格ウェーブ(プロ診断)です。

東京ディズニーシーでJALのスポンサーラウンジを体験してきたよ

9月最後の週末は久しぶりに東京ディズニーシーに行ってきました!

ヲタクの久しぶりって、そんなに久しぶりでもなかったりしますが、チケット代を払って園内に入るのは本当に久しぶりです!

グッズ買いにとか、かざぽんと同じ日にファンタスティックフライト初体験したりとか、KIRINのスペシャルナイトとか、ミラコ宴会とかで舞浜に行く機会はそれなりになんですが…笑

今回、なるべく幅広い方に読んでもらいやすいように気を付けましたが、同じ用語が2回目に出てくる時には専門用語になっていたりしています。ごめんなさい。

ラウンジの予約について

今回、JALのスポンサーラウンジをできたのは2018年のJGC修行の賜物。

本来なら昨年度も予約する権利はあったんですが、予約開始前から計画的にインの予定を立てる機会がなかったので、活用できず…。

夏に大学時代のバイト先の先輩で、現在は羽田の某所でお仕事されている方と飲んだ時にマイルやステータスの話題になったので、当時の仲間たちを集めてラウンジ行っちゃう?という展開になったことがきっかけで予約を頑張りました。

利用日によって予約開始日が分散したからなのか、候補に考えてた日程の中で無事に予約が取れて一安心。

予約のコツと言えるほどのコツはないですが、強いて言えばショースケジュールが発表済みであればBBB以外のショーとの組み合わせも考えて、公演回数を選んでおくと良いのかなと思います。

今回のメンバー

ブログにレポ書くこと話してなかったので、今回の同行者たちはイニシャルでいきますw

  • 羽田勤務のY姐さん
  • 前日に参加が決まったY姐さんの旦那さん
  • バイト先で私が最もお世話になった親愛なるMさん
  • 私と同い年で唯一の現役年パス持ちであるOちゃん

Y姐さん発案でMさんを誘い、とりあえずラウンジ予約を最大人数の5人にしていたので、そこから声かけをしていったという流れです。

利用したチケットについて

元々は有効期限が迫ってきている社〇用パスポートを今回の同行者の一人から譲ってもらって朝からインするつもりだったのですが、その本人の体調が万全ではないので早起きはちょっと…ということでスターライトパスポートでのんびり入ることに。

www.tokyodisneyresort.jp

土日祝日の対象日に15時から入園できるチケットですね。今回のラウンジ予約は4回目のショーに合わせていたので、このパスポートで入っても余裕です。

入園からラウンジ利用前の過ごし方

久しぶりにミラコのゲートから入園するかな~とか思ってたところ、入館制限をかけてるという話だったので、15:00ちょうどにはインできるMさんと合流してイン!

2人でパークの地を踏んだ時間は数知れずだけど、こうしてチケット買って一緒に私服で歩いてるの新鮮~!などと話しているうちにミキ広ことピアッツァ・トポリーノに到着。

f:id:imagical:20191004074419j:plain

まずはY姐さん夫婦の到着を待つかね~と、そのまま「カフェ・ポルトフィーノ」で一杯!笑

Y姐さんとMさんも結構久しぶりだったということで、お互いの近況報告などしながら飲みつつ、16時過ぎに年パでインしたOちゃんとも合流しました。

15時をすぎた時点で残っていたFPは海底2万マイルとマーメイド・ラグーン・シアターだけだったので、とりあえずソアリン周辺の様子でも見に行きますか!ということに。

f:id:imagical:20191004074340j:plain

変わってしまったザンビ裏の様子に驚きながらも、まだ一杯も飲んでいないOちゃんのために「リフレスコス」でビール!

現在、プロメテウス火山がリフレッシュの真っ最中ということで、今しか見られない景色を拝みながら飲もうよ~と、「フォートレス・エクスプロレーションズ」の上部へ。

f:id:imagical:20191004074344j:plain

f:id:imagical:20191004074342j:plain

ちょうどいい感じに立ち飲みできる場所がある~!と盛り上がっていたら、ハロウィーンの水上ショー「フェスティバル・オブ・ミスティーク」もそれなりに雰囲気感じられるし音楽もしっかり聞こえる!

f:id:imagical:20191004074347j:plain

ミニーやデイジーたちが戻ってくる時に挟み込まれる ♪~ Listen to the seaの旋律に盛り上がりながら、もうすぐこんな感じでフィナーレだろうなというのが見えてきたところで要塞からアメフロ方面へ移動を開始しました。ショーに対して淡泊w

JALのスポンサーラウンジについて

ここで一旦、東京ディズニーシーでJALがどこのスポンサーをしているのかを確認しておきましょう。

日本航空が提供しているのはアメリカン・ウォーターフロント内にある屋内型シアター「ブロードウェイ・ミュージックシアター」という劇場施設です。


【公式】ビッグバンドビート / Big Band Beat

TDRの年パスを持っていた時代の私にとっては青春の地だった、この劇場。

現在は「ビッグ・バンド・ビート」というジャズのレビューショー(のバージョン2.0)が上演されており、このショーの開演45分前~5分前の間に利用できるのが事前予約制のJALのスポンサーラウンジです。

ラウンジ入場からショー開演までの流れ

ちょうど利用開始時刻になったくらいで劇場前に着いたので、話が早く通じそうなインカムを持ったキャストにJALのラウンジを利用する旨をお伝え。

f:id:imagical:20191004074349j:plain

再入場の際にも利用する出入口から入って、憧れのラウンジ前に案内していただくとそこからはラウンジキャストさんのお迎えが。

追って、同じ時間帯に利用する他のゲストの方々も数組到着し、入室の前にステイタスカードと予約画面またはメールの2点を提示して受付を行います。

f:id:imagical:20191004074351j:plain

JALの鶴丸とブロードウェイミュージックシアターのロゴが一つのプレートに~!

ちょっと高めの位置かつ暗めのところにあるので、この写真はそこそこ加工してます。

f:id:imagical:20191004074354j:plain

ラウンジ内にはショーやパークやJALに関するものがあちこちに。

開演を待つ間はディズニー関連のガイド本や雑誌を読んだり、ソフトドリンクを飲みながらゆっくりと過ごすことができます。

f:id:imagical:20191004074357j:plain

ラウンジ内に用意されている紙コップ、機内で見覚えのあるやつ~!

さすがにスカイタイムは置いてませんでしたが、冷たいもの・温かいもの、それぞれ用意されていました。

f:id:imagical:20191004074400j:plain

ラウンジ入口にTDS15周年とTDR30周年の特別塗装機体のモデルプレーンがあったので、TDR35周年のセレブレーションエクスプレスに乗った際の搭乗証明書と一緒に記念撮影。

夏までは年パスを持っていた2018年。ヲタクとしてはいいタイミングで修行できたなと思ってますw

こうしてショー開演の時間が迫ると、ラウンジキャストの案内で劇場内へ全員で移動し、人数に応じて指定(人数の組み合わせの関係上と思われます)された列に着席してショーを鑑賞します。

ラウンジ利用のメリット

スポンサーラウンジの利用そのものも特別な体験という感じがして良いのですが、何よりもこのショーが好きな人間にとっては「抽選に一喜一憂せずに1階席で観賞できる」というのが最大のメリットだなと思っています。

f:id:imagical:20191004074403j:plain

ショーを観て、劇場の外に出ると周囲は日が落ちてすっかり暗くなっていました。

このショーを観たくて入園しても、2回目以降は抽選に外れたら2階席からしか観られないですからね…。1日に複数回観ていた頃を考えると、抽選は本当に心臓に悪いです。

ショー観賞後のパークでの過ごし方

この日は年パスじゃなくても年パス持ちのような過ごし方ができるメンバーが集まっていたため、最近のパークの新要素をチェックしながらお散歩しつつ、少しずつパークの奥の方へ。

f:id:imagical:20191004074406j:plain

リハブ*1中にしか見られない、「センター・オブ・ジ・アース」のシャッターが閉まったエントランスを拝んでみたり…

f:id:imagical:20191004074408j:plain

新しくなったハイトサインと、その支柱のような部分にさりげなく書かれた「非常時には避難誘導等が…」みたいなことが書かれていることを遠目から確認してみたりなど。

f:id:imagical:20191004074411j:plain

15時の入園直後にもサクッと飲んでますが、すぐ入れそうなところで軽く食べようか!となり、「ミゲルズ・エルドラド・キャンティーナ」に入りました。

www.tokyodisneyresort.jp

トルティーヤを失ったミゲルズ*2ではスパイシースモークチキンレッグを単品orセットで注文できまーす。

いわゆる「ミゲルズっぽいメニュー」が何一つなくて、以前は瓶のまま提供されていたコロナビールも飲めなくて、色んなことが変わってしまったなぁ…という昔話をしながら、テラス席でのんびり。

その後、この日に唯一の利用アトラクションとなる「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」でアラン・メンケンの名曲に癒され、ハロウィーンシーズン限定の演出と音楽で彩られる花火「ナイトハイ・ハロウィーン」をアラビアンコーストの宮殿前で見ようと5分ほど待機していたものの、無残にも『東京ディズニーシーからのお知らせです』のアナウンス*3が…。

f:id:imagical:20191004074415j:plain

この20:30の時点で「もうあまりやることないよね~」ということで、散策しながら写真を撮ったりして、ソアリン前を通過してミキ広前で一旦解散。

私とMさんはアメフロにガーリックシュリンプ味のポップコーンを買いに行き、最後に「ヴァレンティナーズ・スウィート」でお菓子を買い*4アウトしました。

スターライトパスポートでのインパークを振り返って

乗ったアトラクションは1種類、最初から最後までを観たショーも1種類のみですが、それでも日曜の15時から入園したとは思えない満足感を味わえました。

やはり、東京ディズニーシーは「歩いているだけで感じられる楽しさ」みたいなところがあるので、この日は日曜日の割に比較的園内を移動しやすい人出だったのに影響を受けたのかなと思います。

f:id:imagical:20191004074417j:plain

年度内にもう一度、日本航空のスポンサーラウンジを利用できる権利があるので、事前にパークへ遊びに行く予定が立った際には活用できるように予約に奮闘するつもりです。

ピクサーのイベントは見たくない姿のTDSになりそうなので、順当に考えたらクリスマスシーズンかな~。

前回の日帰りUSJの時にはステイタスカードを持っていくのを忘れたことでミニオンのアトラクの予約なしで利用できるラウンジに行き損ねてしまったので、次に西のパークに行く機会があれば、念頭に入れておきたいです。

以上、ビッグ・バンド・ビート大好きヲタクだった私が、ブロードウェイ・ミュージックシアターの日本航空スポンサーラウンジを初めて利用した日のインレポでした!

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ ブログランキング・にほんブログ村へ

*1:運営休止期間のこと

*2:ここ最近のレストランのメニュー改悪が本当にひどい

*3:ショーがキャンセルになるスピールが流れる時の決まり文句

*4:私の場合はお土産ではなく容器が欲しいやつを自分用に