imagical pleajous

世界のディズニーリゾートと風間俊介さんが大好きすぎて、2018年にJGC修行を決行。お気に入りのコスメや美味しいものについても語ります。イエベ春、骨格ウェーブ(プロ診断)です。

【秋の札幌2020】絶対に行きたかった「雷井土音」の旬の素材で〆

宿泊していたホテルで荷物をピックアップし、札幌市内で最後のお目当てのお店へ。新千歳空港行きのバス停に近いという点も含めて、ラストはここで飲みたい!とかなり早い段階から心に決めていたお店です。

f:id:imagical:20201202090947j:plain

ビルの入口からエレベーターへと向かう廊下にあった、お目当てのお店の看板。こんなの、もう期待が高まらずにはいられないってやつですよ!入店時刻が読めなかったので予約はしていませんでしたが、2時間以内なら大丈夫ということで、荷物も置ける少し広めのテーブル席を使わせていただきました。

お店の情報

すすきの交差点から大通方面に1本入った裏道にあるビルの2Fに入っているお店です。見つけたきっかけは、ここもインスタで「#札幌グルメ」で調べていた時だったかな?明るい時間から飲めるお店を探しての「#札幌昼飲み」だったかもしれないな。

f:id:imagical:20201202090944j:plain

建物の外から看板が見つけにくいので、前日からこの道を何度か通って下見しようとしたものの、毎度どのビルなのか分からずに通り過ぎていました。そういう意味でも隠れ家のような感じで愛されているんだろうなぁ。

オーダーしたもの

お店のことを知った時から、Facebookのページで毎日更新されているおすすめのお酒や食材の紹介を見ていたのですが、日本酒もワインも様々なものが楽しめるというのが特に気に入ったポイント。バスの予定時刻まであまりなかったので今回はアラカルトで頼みましたが、時間に余裕がある時には飲み放題プランで利用してみたい、初めてながらそう思わずにはいられませんでした。

f:id:imagical:20201202090922j:plain

そんなお店で、まずは2種類の白ワインから。せっかくなので、どちらも道産のものを選んでみました。我々が座ってるテーブルの隣に大きなお酒専用の冷蔵庫があって、飲み放題のプランを利用した人たちはその中から自由に選んで飲むことができるみたいでした。楽しそうすぎる! 

増毛産ゴジラエビ刺

たち松前焼

たち松前焼

柿のかき揚げ

柿のかき揚げ

しいたけ刺

しいたけ刺

特製サラミ

特製サラミ

エゾジカのたたきとか、他にも頼んでみたいものはあったのですが、品切れしているものもあったので最終的にこんなチョイスになりました。どれも素材の味を楽しめるように調理されていて、かつお酒がどんどん進んでしまうようなメニューなので、これは1日目にゆっくり飲める時に再訪するべきだな…と実感。

海の幸、山の幸、そして果物と色々なバリエーションで札幌での最後の飲みを楽しむことができました。フロアを担当しているお姉さんがお酒や素材に関する情報をあれこれ把握されていたので、そんなお話を聞きながら料理を選ぶ時間も非常に楽しかったです。

2杯目は道産じゃないけど、国産ワインの赤。この赤、めちゃくちゃ綺麗だったな…。お会計時には札幌の飲食店をサポートするためのキャンペーンで1,000円分の割引クーポンをその場で取得して使うこともできました。トータルでいくらだったか忘れちゃったけど!でも次は絶対に飲み放題にしてドリンク代を気にせずにあれこれ飲みたいな…。(何回も同じこと言う)

すすきのからバスで新千歳空港へ

新千歳空港行きのバスが最寄りの「すすきの(南4西3)」を出発する15分ほど前にお会計をして、荷物を持ってバス停へ。少し小雨がパラついていましたが、屋根付きだったので傘を差さずに待っていられました。最後にセイコーマートに駆け込んで、追いミントハイボールを買ったりもしてギリギリになるかとも思いましたが、予定時刻から少し遅れてバスが来たので無事に乗車できました。

すすきのから新千歳空港までの復路もバスで移動

空港から札幌市内に出てくる時の記事にも書いていましたが、往復2名分のバス乗車券を買っていたので、片道2回を2人分買うよりもちょっとだけお得に移動できてます。搭乗までの時間がギリギリの時にはおすすめできませんが、座っているだけで空港に着けるというのが何よりありがたいんですよね。

次の機会があれば、おそらくまた遅めの時間帯に出発する飛行機を利用すると思うので、すすきのエリアのホテルを拠点として、空港からは往復バス移動という方法を第一候補にして宿やお店を選びたいなと思っています。