imagical pleajous

世界のディズニーリゾートと風間俊介さんが大好きすぎて、2018年にJGC修行を決行。お気に入りのコスメや美味しいものについても語ります。イエベ春、骨格ウェーブ(プロ診断)です。

【ザ・プリンスパークタワー東京】チェックアウト後に利用したスパ&プール

お互いが持ち寄ったコスメでメイクを楽しみつつ、お借りしたDVD/BDプレイヤーで『おっさんずラブ』の特典映像を流しながら、お部屋での時間をギリギリまで堪能。

www.imagical.net

チェックアウト時にはルームキーの返却が必要となるので、最後にまたプレミアムクラブラウンジへと向かいます。

ラウンジでのチェックアウト

32階に上がると、ラウンジエリアに入る前にデスクがあり、常にそちらにスタッフの方がいらっしゃるので、そこでルームキーをお渡しして終わりかな?と思っていましたが、「チェックアウトは中で順番に受け付けますのでどうぞ~」とのこと。

「順番にお伺いしますのでお時間ありましたらお飲み物などもご利用下さいね」とのことで、最後の最後までプレミアムクラブラウンジを堪能できるようになっていました。朝食からあまり時間が経っていなかったので、ジュースか紅茶をいただいたかと思うのですが、中には昼ビールされてる方もいらっしゃいましたw

f:id:imagical:20190130130148j:plain

日中の景色はあまり納得の行くものが撮れなかったので夜の写真を載せますが、日中は東京タワーに出入りする観光バスの様子や、汐留の高層ビル群などがよく見えていました。

ラウンジ特典のスパ&プール利用

チェックインの際にも説明を受けていましたが、プレミアムクラブラウンジ滞在中の特典の一つに、スパ&フィットネスの利用があります。

www.imagical.net

こうした施設の利用がクラブフロアのサービスに含まれるのは決して珍しいことではないですが、特に素晴らしいと思ったのはウェアやシューズ、水着なども無料で借りられるところ。

www2.princehotels.co.jp

手ぶらでジムやプールを利用できるの、とっても嬉しいです!チェックアウト後でも部屋番号を伝えればOKとのことだったので、午後から予定があるあさちゃんとお別れして、地下2階のスパ&フィットネスへ向かいました。

土曜のお昼の貸切プール

受付では部屋番号と、プール&スパの利用、水着のレンタルを希望という旨を伝えて更衣室へ。

天気がいい土曜日のお昼時、さらにはチェックイン開始時刻よりもかなり前の時間帯ということもあって、プールもスパもほとんど貸切!

おそらくスパ会員かな?と思われる常連のマダムを更衣室で数人見かけた以外、ほとんど貸切でプールやミストサウナやスパを利用することができました。

プールエリアはジャグジーを利用している女性と浅めのプールでレッスンを受けている男性を一人ずつ見かけましたが、2レーンある25mプールは自分以外に利用者がいなかったので、プールサイドにあるゴーグルとキャップを借りて久しぶりに4泳法を一通り泳いでみたりしました。久しぶりの水の感覚、気持ちよかったです!

スパエリアでは芝公園の地下1,600mから掘り出した天然温泉に入ることができるのですが、結構な広さを一人っきりで満喫することができて贅の極みでした。

アメニティが充実した更衣室

併設しているスパのリラクゼーションやパウダールームも兼ねている様子だった更衣室。

プールやスパが貸切だったことから、更衣室も完全に貸切状態で私と清掃スタッフさんしかいないという状況でしたw

f:id:imagical:20190219033344j:plain

こちらはパウダーブースに備え付けられたアメニティたち。化粧水や乳液までは当たり前かなと思うのですが、ヘアミルクや制汗スプレーが置いてあるのが新鮮!

ドライヤーもよく見るとNobbyだし、他のブースも見てみたところレプロナイザーを置いてるところもあって、ドライヤーまでこだわり抜かれてるところに感動しました。 

ノビー(Nobby) マイナスイオンヘアドライヤー NB2503 ホワイト

ノビー(Nobby) マイナスイオンヘアドライヤー NB2503 ホワイト

 
バイオプログラミング レプロナイザー 3D Plus

バイオプログラミング レプロナイザー 3D Plus

 

平日の仕事終わりに向かったので、カクテルタイムの途中からという感じではありましたが、一度の滞在でラウンジもお部屋もレストランもスパもプールも楽しめて、本当に素敵な時間を過ごすことができました。

www.princehotels.co.jp

もはや、いいホテルすぎてあんまり人に教えないほうがいいんじゃないかという部分もありますが、念願の滞在が想像以上の素晴らしさだったのでレポートしたくなってしまいまして!

次もまた同じホテルに滞在したい気持ちと、また別の泊まってみたいところに挑戦してみるかは、その時々のテンションによって変わってくるかとは思いますが、平日に休みを取るのが難しくても週末にこうした形で羽根を伸ばすことでリフレッシュするのも良いな~と思った、節目の誕生日ステイでした。