imagical pleajous

世界のディズニーリゾートと風間俊介さんが大好きすぎて、2018年にJGC修行を決行。お気に入りのコスメや美味しいものについても語ります。イエベ春、骨格ウェーブ(プロ診断)です。

【高輪 花香路】事前予約した和朝食の御膳を専用ラウンジで

さて、それなりに夜更かししてしまいましたが、チェックイン時にラウンジでの朝食のを希望して、時間指定をしていたのでそれに合わせて起床。

お部屋から出たら3歩でラウンジなので、洗顔と歯みがきと髪を整えるぐらいで、お部屋の浴衣に茶羽織を身に着けた簡素な状態で予約時刻の1分前にお部屋を出ました。

朝食の選択について

チェックインの際、朝食を花香路の宿泊者専用ラウンジ「桜彩」での和朝食御膳にするか、同じグランドプリンスホテル高輪の1階にある「花雅」でのブッフェ形式のどちらにするかの確認があります。

和朝食御膳の場合には事前に時間指定で準備していただけるとのことで、今回はせっかくなのでこちらを選んでみることに。

カクテルタイムに提供されたアミューズの盛り合わせに汁物などが少し追加になったぐらいかなぁ…と思っていたので、想像以上のボリュームに驚くことに…笑

寝ぼけた頭をリフレッシュさせてくれる壱の膳

好きなテーブルを選んで着席すると、まず最初にこんな壱の膳が運ばれてきました。

f:id:imagical:20190820130424j:plain

一番右の小さなグラスに入っているのがクランベリーとグレープフルーツをミックスしたお目覚めのドリンク。

2つの素材が持つ酸味が、まだぼんやりとしていた頭をシャキッと目覚めさせてくれます。

中央はほっとする優しい風味で身体を内側から温めてくれる昆布茶、一番左は柑橘のシロップ漬けだったかな?

想像以上のボリュームだった弐の膳

壱の膳で胃の準備ができたかな~と思ったところで、弐の膳が到着。これがまた、とんでもないボリュームで…笑

f:id:imagical:20190820130426j:plain

二段のお重*1にサラダ、茶碗蒸し、お味噌汁、香の物、ご飯またはお粥から選べる主食と、テーブルにギリギリで並べられるぐらいなボリュームでやってきました!

f:id:imagical:20190820130429j:plain

私はこういうタイミングじゃないと滅多に口にすることがないのでお粥を選んでみた…のですが、全然減らなくて食べきれませんでしたw

お魚2種類にお漬物や梅干し、海苔の佃煮や明太子まであったのに…。恐るべき、お粥…。

f:id:imagical:20190820130433j:plain

お重の中身はこんな感じ。一品人品は小ぶりなのですが、種類が多く味のバリエーションも幅が広いので、自然とよく噛んで味わうゆっくり味わう時間に。

結果、徐々にお腹がいっぱいになってきてしまったため、ラウンジでの朝ごはんを食べ始めてから1時間ほどかけても完食ならず…。

器が美しすぎだった食後のデザート

食事は食べきれなかったけど、デザートは別腹ということで紅茶と共に。弐の膳を下げるタイミングで飲み物は何にするかと確認して下さいました。

f:id:imagical:20190820130435j:plain

ガラスの器に上品に盛られた季節の果物たち。

小さな葡萄かベリー系の何かかな?と思った小さな粒の正体は黒豆でした!予想外!

メロンはフレッシュなものでしたが、その他はシロップの甘みを感じたような…。

f:id:imagical:20190820130437j:plain

で、そんなフルーツよりも意識が行ってしまったのがこちらのお皿。

目で見たままを写真にも残すのはなかなかに難しかったんですが、このオーロラっぽい輝き、綺麗すぎやしませんか??

こんなにも美しいお皿があったら、何をのせても映えまくるよなぁ…とうっとりしますが、何というキーワードで検索すればこういったものに辿り着くのか分からないので、ちゃんとスタッフの方に聞いておくべきだったなぁ…と今になって反省。

こうして、朝からゆっくり時間をかけてお腹を満たしたところで、徒歩3歩のお部屋に戻って、残されたホテル滞在時間を味わい尽くします。

*1:写真右上に写っているのはにゃむちゃんの一段目